上州新聞過疎地版

戦後4人の首相輩出?群馬県、こんな過疎地に誰がした!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「一隅を守りて、八方を忘るる」姿かな!

P3201476.jpg
”写真は、国道120号線群馬県沼田市下之町上毛新聞社沼田市局前バス停留所、穴だらけの屋根の姿”

平成25年弥生も、三十日とその余一を終えようとしている。

沼田市議会3月定例議会では、主に今夏の沼田祭りや、今9月7日約40年振りに復活する利根川河川敷での沼田市花火大会への助成金の額面についてほどほどに喧々諤々の議論が執り行われた様子である。

お祭り好きの議員諸氏と、商工会関連諸氏ばかりが、未だ我らが血税をただのお祭り騒ぎに注ぐ以外の行政サービスを思いつかないのは、お寒い話である。
今あるお金を、夏の世の夢の如く一瞬で煙にし、それらを執り行った関係各位だけがその功績を湛え合うのみのお寒い行政府。
各面々の皮算用は、嫌と言う程見える日々が故、昨今つくづく沼田市民をやめたい思いつのるばかりである。

因みに、上記の沼田祭りの助成金は約500万円。
花火大会への助成金は約300万円なんだそうで、この花火に至っては必要経費1300万円に1000万足りず不足分は商工会諸氏が寄付金を募って行かれるのだそうである。

祭りの山車を引く担い手や、町神輿等の担ぎ手を公募してもその必要人員が集まらぬ過疎の町。

徒歩では通学できぬ沼田女子高校や利根実業高校などの未来ある学生や、自家用車を持てぬ諸事情ある納税者等が、バスを待つ間の止まり木で例え雨露を凌げなくとも、互いのハイブリットカーの自慢をし合い、朽ち果てかけたこの沼田市街を歩いて廻る事をせぬ行政府諸氏に、弱者へ向ける視線を期待する事自体無駄な事なのであろう。

風雨の折、この役立たずの止まり木の隣の商業施設の屋根の下に目白押す、未来の納税者や納税功労者たちを横目に時折走り去る、商工会関係諸氏や行政府諸氏の車を眼にするが、彼らはきっと各々の事で思考がいっぱいなのかもしれない。

P1051232.jpg

これなどは、沼田市役所本庁舎裏沼田女子高校前の歩道の姿であるが、町の中心部は愚か、役所の足元であってもこのような歩きにくい段差の歩道。
車椅子の方や、足腰に不安ある納税者にとっては、殆ど道なき道であると言えよう。

P2061397_20130331104115.jpg

物のついでなので述べて置く。
この沼田市、ドイツのフュッセン市と姉妹都市提携をしているのだそうだ。
毎年、沼田祭りに件のフュッセン市長含め数名の方々をお招きして、来訪していただいてるとの事。
沼田祭りの際、市役所前来賓席に座らせ、特に市民へ紹介するわけでもなくただそこへ放置しておくに等しいのだと、とある市議会議員が述べておられた。

但し、筆者その事実をつい最近まで知らなかった。
どの程度の沼田市納税者が、この事実を認識してるのかは分からないが、もったいない話ではある。

各方面に沼田市のシンボル?!とも言われる天狗神輿や、町神輿、山車の担い手を公募しないとやりくりのつかぬほどの過疎地なら、目の前のお祭り騒ぎで我らが血税を煙に変えるのなら、フュッセン大学沼田校でも誘致するなどは、面白いアイデアだと筆者は考える。

このアイデアを隣接する某自治体の総務職中堅職員と、話してみた事があるが沼田市は強固な岩盤の立地が故、大学誘致などへは有利な自治体なんだそうである。

この先、せめて英語位はと言う世の風潮を鑑みれば、ヨーロッパの学生を留学受け入れを含め上記大学沼田校の新設などは、未来に向け極めて建設的な税金の使われ方のように思う。

新設したが、生徒減少に悩む沼田南中学校などを、元の沼田中学校へ再併合。
その空き校舎を使用すれば、当初予算は削減可能であろう。

又、近隣の空き市営住宅などを、内外問わぬ学生住宅にあてがえば、ゴーストタウン沼田の再活性化に一石を投じる事請け合いと思う。

中学校で3年間、英会話のできぬ教師陣と無駄な時間を過ごすなら、それらの留学生と過ごす時間を市内中高生に与えるほうが、建設的教育プログラムになろう。
フュッセン(ドイツ)市民は、ドイツ語も英語も使いこなせる。

閉鎖的排他的な、田舎都市沼田の子供達にとっては、人材育成の為のまたとない好機を提供できるはずだ。
予算は、21人いる市議会議員を11人程度に削減すれば良いのである。

年度末になると、財布を空にして、新たに小遣いをねだるだけの無自覚な振袖芸者の如き政治家諸氏は、各々の利権以外は、見据えていないのが常である。

「一隅を守りて、八方をわするる」
と言う、言葉がぴったしの沼田市行政府。
気が付き八隅を見渡せば、敵の陣羽織に囲われた崖っぷち。
そんな、剣ヶ峰にいるのだという自覚の見えぬ首の皮1枚自治体沼田。

「ここにはね、昔沼田市という街が存在したんだよ!」
と、未来の親子たちが語らって通り過ぎていく往来に、なってしまうかも知れない等と思いを巡らせる想像力を、沼田市行政関係諸氏に望む事は、愚かな望みなんでございましょうか!

P2021290.jpg

市内国道120号中町商店街も、車椅子2台がすれ違いできないような狭さです。

この群馬県内では、自動車を待たぬ者は、人であって人に非ず。

方々のインフラを見るにつけそんな思いにかられます。

そうそう、笹屋ホテルさんも2月で倒産しました!
沼田市外に住まい沼田を憂う元沼田市民各位さま。

相変わらずの花冷え都市、沼田でございます。
では、失礼させていただきます。









  1. 2013/03/31(日) 12:46:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

税の行方(群馬県沼田市編)

P3181472.jpg

「しだれ桜の苗木を、利根川の河川敷に植えるまでは良しとします。
ただ、その苗木と苗木の間隔が余りに狭すぎるんですよ。
だから、その幹の四倍にも五倍にも張るといわれているその根と根が、やがて土の中の養分の奪い合いをし、何某かの病気にかかり結局立ち枯れてしまうんですよ。
年に一回程、市に雇われた業者が剪定作業に来るんですがね、見ている限り機械を使わず適当に手で木の周囲の草むしりをしただけで帰ってしまう。
見かねてこの辺りの老人会で手入れをしたりするんですけどね、そもそもが砂地の利根川河川敷、その大半が花など咲かせる事なく立ち枯れてしまう。
すると又、市ご用達の造園業者が現れては、春先に同じような間隔で、またしだれ桜の苗を植えて行くんです。
ゲートボールをしながらも我々老人は暇ですから、よく見てるんですよ。
兎に角、良心ある造園業者ならば、こんな栄養のない砂地の河原敷にあんな狭い間隔で桜の苗木なんぞ植えたりしません。
これってやはり税金の無駄使いになりますよね!」


筆者に情報をもたらしてくれる現職市議会議員ブレーンのA氏に、筆者と縁ある薄根町近隣在住のこの老人の言葉をぶつけてみれば、この田舎土建行政沼田市には、この手の緑地化行政サービスもどきは多数あるそうである。
また、この手の行政が行う植樹などの苗木の納入価格などは、非公開が相場なんだそうである。

群馬県沼田市薄根町利根川河川敷に、我々納税者が桜を愛でる事のできる春が訪れるのかは、この沼田市が、樹木の植樹造園に関するプロとしての知識と良心を持った造園業者を選択する事から始める以外にない。

但し、沼田市行政府のお偉いお方の本意が、桜を咲かせる事にあらず、ひたすら苗を植え続け、我々の血税で潤い続ける造園業者からの接待、贈収賄にご執心おありであるならば、話は自ずと違う物になってくる。

砂漠に水を蒔き続けるかの如き行政は、この田舎沼田行政府に限った話ではないが、何であれ行政が過疎化形骸化に拍車をかけているのは、目先の宴重視行政府沼田市に限っては間違いない。
筆者、強く思うものである。

2日前であったか、群馬県は身を切る思いで県議会議員の報酬を2%削って月額820000円にした云々とさも大義そうに広報していたが、これとてボーナス抜きの数字であり過疎地高齢化、税収激減社会群馬県の公僕の報酬としては、バカも大概にしろとしか言えぬ金額である。

アベノミクス以前に、この自動車偏重社会群馬県の末端納税者の大半は、今リッター150円台後半のガソリン代に苦悶しながら生活しているのが現状なのだ。

だから、せめて税の行方は気にかかる。

それにつけても、考えるだけで花冷えそのものの弥生の心である。


  1. 2013/03/18(月) 20:34:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福島フォロワーズ

P2271455.jpg

写真は、JR鶯谷付近の情緒ある看板である。
今や新宿大久保界隈などでも、その手の生業の女性が自らヒール鳴らして誘い水を撒く姿などとんと見かけなくなったように思う。
この関東近郊では、もはやかの黄金町辺りでも当局の取り締まりに屈し、その姿皆無との事。
昭和のかほり漂う浮世路の人生劇場の存亡は、風前の灯なのかもしれぬ。
致し方ないところか。

但し、ところ変われば品変わる。

不景気に沈みかけていた関東近郊の風俗業従事の女性達は、昨今渡世人の運転するワゴン車に揺られては、福島を詣で、Jビレッジに身を置き福島第一原発の収束作業に従事する者達の止まり木として、日夜活況のご様子であるという。
線量計の積算を誤魔化しながら、自身の健康を削りながら収束作業に従事する方々の、やり場のない精神を込めた営みを受け止め揺れるワゴン車の脇を、警察車両は見て見ぬふりで走り去っていくそうである。


かの渡世人諸氏も又、活況のご様子。

因果は巡る浮世路を。

その身を削って、現場に従事する方々のお蔭でどうにか首の皮一枚の様相のフクシマ第一と我々の営み。
作業従事の末端作業員の方々、そして彼等をワゴン車の簡易モーテルでもてなすフクシマフォロワーズ達。

「なげぇ浮世にみじけぇ命」
を余儀なくされつつある方々を、体よく棄民しようとしているこの国の政府という存在。

それら全てを、これから命ある限り、我々は心の眼で正視し続けて行く事これただ必須と思う2013年3月11日であります。

2011年3月11日、東日本大震災でお亡くなりになられた全ての魂に哀悼の意を表します。
  1. 2013/03/12(火) 00:14:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

傷だらけの車!

P2251447.jpg

過疎化高齢化社会群馬県。
公共交通機関不備、自動車偏重社会。
自動車運転免許保有率全国第1位。
自家用車所有は、略1人1台。
交通死亡事故件数は、全国第3位。
その交通死亡事故の3件に1件は、65歳以上の高齢者ドライバーが、関わっているそうな。
分かる気がする。
筆者本業の、食品小売りは振るわず。
「昨今の円安誘導で増えるはガソリン代の出費と、今年76歳になる父親の操る乗用車のバンパーなどの擦り傷ばかりである」

昨晩酒場で、昔馴染み達にこぼせば、
「うちの親父の車もそこいらじゅう傷だらけだ。物にこすっているうちは良いけど、人でもひっかけちまったら眼もあてられねぇよな!」
そう、返された。
筆者も全く同感である。

どうやらこの群馬県、早急に真剣に自治体が高齢者ドライバー事故防止策に打って出ない限り、街の往還のそこかしこが、そのまま日々”事故地獄”となり果てて行きそうな気配である。

P2241444.jpg

しかしながら、この沼田市街国道120号を行き来するバスの時刻表が、この有様である。
自治体が、助成金を当該のバス会社に支払っていてこのダイヤである。
高齢者が、自家用車を手放せない理由が、ここに見え隠れする。
仮に、一本乗り遅れてしまえば時間帯によっては映画の一本でも鑑賞できそうな位の運行本数である。
但し、この沼田市本町通り商店街、映画館も無ければカフェも無い。
市街地活性化とのたまい、一部の居住者の自宅兼店舗の改装費用を自治体が捻出し街を形骸化させて行くのみの下らない道路拡張に我らが血税を投じる前に、運転免許無き高齢者や未来あるバス通学する学生への利便へのインフラの方が、明らかに有益な公共事業であろうと、筆者強く思うのである。

過日、某沼田市内自動車教習所に長年勤務する昔馴染みと連絡を取り合う機会を得た。
やり取りを終え、ふと筆者の胸にアイディアが湧き上がった。
高校生が卒業を前に、教習所に馳せ参じるこの3月を除けば、近年自動車教習所の経営は年々大変の様子。
で、あるなら当然存在するであろう自動車教習所の大型2種免許(バス運行用等)所有教官に、バス会社とは別に、高齢者買い物難民や運転免許返納者向けのコミュニュティバスの運行を自治体が業務委託してそのサービスを提供するという物だ。
昨今の自動車教習所は、一昔ふた昔前とは比べ物にならぬ程の徹底したサービス業と化している故、様々を安心して委託できると思う。

又、それに当込む予算であるが、現在年間72日しか働かぬものの年523万円も支払われている沼田市議会議員報酬を、隣接の昭和村役場などと照らし合わせ300万円程度に削減して捻出する。
もしくは、現在21議席もある市議会議員定数を、10人削減して今後の過疎化対策に充てるなども、一考の余地ありと思う。

長々と、書いてしまったが、そろそろこの沼田市の張りぼて行政に対しては、新たな住民運動なり署名活動なりを発起して、行政監視を強化すべき時期が来ているように思う。

天下り役人や、提灯市議会議員、一部の土建業者達のみに旨味がある行政サービスであるなら、我々納税者はそれらに、帳を下ろさせるべきである。

そうしない限り、急加速に高齢化を迎えるこの過疎地の未来など、占いようがないのである。


嗚呼、しかし毎日毎晩、横須賀から赤城山の山麓まで編隊を組んで訓練に飛来する米軍機の轟音、どうにかならない物か!

知事が、大澤君じゃ話にもならないであろう。

腹の虫が、収まらないのは筆者だけなのであろうか?

落ちるならせめて中曽根記念館へ、お願いしますね!

あめりかさん。




  1. 2013/02/25(月) 17:58:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風花の別れ

P2191441.jpg

本日2013年2月19日火曜を以て、スズラン沼田店はその商いの歴史に自ら幕引きをした。
創業昭和36年(1961年)11月と言う事であるから、約50年と6か月この沼田市と共に歩んでこられた訳である。

東京五輪前夜から、衰退過疎廃屋街道となってしまったこの沼田市の合わせ鏡が、又一つ町を去る。

栄枯盛衰は、世の習い。

「誰々さんに、頼まれたから〇〇さんに入れて(投票)来た」
「悪いけど、〇〇に入れて(投票)来てくれ」

安酒場や、社交場、職場などで、この手の会話が堂々と交わされて来た自治体の断末魔。

いつまでも、付き合っていられる程のものでなし。

そんな所であろう。

本日、必要にせまられ、30年振りに市内唯一の楽器商、小池楽器店を来訪した。
必要な品をひとつだけ購入し、商う老夫婦の面を再確認し風花と寒風の街道を取って返した。

風花と寒風の沼田街道本日の姿、あまりに寒々しくよって本日その開帳はやめにする。

スズラン沼田店全ての関係各位様、長い間お疲れ様でございました。

沼田市民のひとりとして、厚く御礼申し上げます。





  1. 2013/02/19(火) 21:05:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

渡辺哲夫

Author:渡辺哲夫
群馬県沼田市在住:「こんな過疎地に誰がした!過疎化で誰が儲けたか?」を考察し、この過疎の田舎から未来に遺すべき物を提起する。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (67)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。