上州新聞過疎地版

戦後4人の首相輩出?群馬県、こんな過疎地に誰がした!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

見えぬ物を思え!

率先垂範

筆者の職場が、デパ地下の食肉売り場である事すでに述べてある。


震災後比較的早い段階で、群馬県はゲルマニウムカウンターを購入し、県内の家畜解体施設にて肉牛のセシウム137の含有率を調べ事態に対応してきている。
雑務が増えた施設従事者には、頭が下がる。

国内の肉牛は、生産者生産地の戸籍である個体識別番号で一元管理されている。
元々は、BSE問題が発端でそのシステムが設けられた訳だが、昨年は、例のセシウム牛の流通経路の追尾にその役を担った訳だ。

解体されロース、もも、バラなどのパーツに分類されてもそれらの番号が小売の現場までついてまわる。
云わば、肉牛の診断書である。

ただし、それらは、肉の塊のためだけである。

すなわち、昨今巷でブームのホルモン焼き屋でおなじみの大腸や小腸。はたまた牛に4つある胃袋やハラミなどの横隔膜などは、例外であり当然の事ながらそれらに放射性物質の検査義務もなければ、それらを怠った事に対する罰則もない。

通常放射性核種は、あらゆる動物の内臓各位に濃縮されるのは、定説である。


解体され、取りだされた家畜の様々な臓器るいを、ひとつひとつインスペクトして行けば、その手間賃で庶民の楽しみであるホルモン料理屋などでの会計額が高級和牛料理屋のそれらと変わらなくなってしまうかも知れない。


さりとて、恐らく今回のカタストロフィイの汚物達が濃縮されているであろうその手の臓器類は、例え子供に泣きせがまれたとしても、彼らの未来を思うなら与えることから起こる負の連鎖について、今の内に大人として考え出来れば与えないようにする必要があると、筆者は思う。


もしも、未だご覧になっていない方がおられるなら、ドキュメンタリー映画59分物。
「チェルノブイリハート」の観賞を進言したい。


まだ見えぬこの国の16年後の姿を、少しでも今から見極めて置くために。
スポンサーサイト
  1. 2012/02/28(火) 17:10:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<中間貯蔵地とは? | ホーム | 先送り公僕天国日本!>>

コメント

考えさせられます。私達は地道にどんなことすればよいのでしょう
  1. 2012/02/29(水) 08:22:12 |
  2. URL |
  3. ゆう #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taketoku1.blog.fc2.com/tb.php/7-9ccd6054
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

渡辺哲夫

Author:渡辺哲夫
群馬県沼田市在住:「こんな過疎地に誰がした!過疎化で誰が儲けたか?」を考察し、この過疎の田舎から未来に遺すべき物を提起する。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (67)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。