上州新聞過疎地版

戦後4人の首相輩出?群馬県、こんな過疎地に誰がした!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

都道府県魅力度ランキング47位群馬県(2012年度)

P1291270.jpg
(写真は本日2013年1月29日付、意外に早い速度で変貌をとげている群馬県沼田市上之町交差点付近の姿)

昨年2012年10月2日。
民間のコンサルタント会社「ブランド総合研究所」が、認知度や魅力度、イメージなど72項目を対象に2006年より実施している中の、都道府県魅力度ランキングにおいて、我が群馬県は前年の44位から三段跳びにて栄えある47位を獲得した。

全国47都道府県中の47位。
下から数えて一番目。
要は、ビリ。

”さもありなん”
”いたしかたなし”
である。

2011年3月11日の震災以降、原発事故で舞い降りた放射性セシウム等の情報を群馬県行政府以下各自治体等は、事故より半年を経ても真面な情報開示を行わなかった。
又、公立小中学校などの学校給食の第一回目の放射性物質含有検査も、各自治体まばらではあるが概ね事故より9か月経た同年12月辺りの事であった。

また、2011年7月には県政の長である大澤正明知事が、未使用であった副知事公舎の風呂などを税金約1200万使って改修、そこへ約40回奥様以外の女性と2人で夜を過ごしておきながら、
「40回全て、互いに別々にソファーで眠った」
と、男らしく潔い謝罪会見を行い知事報酬一か月分約131万円を返上し未だ知事職履行中。
件の記事をすっぱ抜いた週刊新潮発売日には、県内紀伊国屋書店等の大型書店にて県庁職員による当該雑誌買占め騒動なども起きている。
県議会は、真面な追及も行わず大澤氏を担ぎ集票をした現職自治体長各位も、反省の弁はおろか未だ一切言及なしの体。

原発誘致の片棒を担いだ老人、中曽根康弘氏も原発事故の被災者たちへ向けて何かあるかと報道に問われた際、
「特に言うべき事はない」
そんな、見事な傍若無人ぶりで未だご健在であられる。

大雑把では、あるがこの群馬県の行政府、知事、大物(米国の太鼓持ち)政治家の動向を少し仰ぐだけで、
「嗚呼!群馬県。できる事ならおさらばしたいぜ!」

と、言った気分になるのは筆者だけであろうか!?


公人のなかに真面な御人の存在を見出す事の難しそうな、この群馬県!

都道府県の魅力度ランキング47位の群馬県。
暫くは、47番目の栄誉席は、定位置になるやもしれぬ。
筆者には、そう思えてならない。




スポンサーサイト
  1. 2013/01/29(火) 21:10:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<「過疎真っ只中!」 | ホーム | 「沼田スズラン閉店セール」に思う!>>

コメント

祝:更新

久々のブログ更新、楽しみにしておりました。
いろいろと風当たりの強い事、あるのは容易に想像つきますが、男が覚悟を決めて始めた事、最後まで信念を貫き通して下さい。
応援しています!!
  1. 2013/01/31(木) 00:38:24 |
  2. URL |
  3. The A queen #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taketoku1.blog.fc2.com/tb.php/57-928d2295
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

渡辺哲夫

Author:渡辺哲夫
群馬県沼田市在住:「こんな過疎地に誰がした!過疎化で誰が儲けたか?」を考察し、この過疎の田舎から未来に遺すべき物を提起する。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (67)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。