上州新聞過疎地版

戦後4人の首相輩出?群馬県、こんな過疎地に誰がした!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「沼田スズラン閉店セール」に思う!

P1141251.jpg

沼田スズラン百貨店、来る2月19日(火)をもって閉店だそうな。
昭和36年11月創業という事であるから、約51年この沼田で商いをしてこられた訳である。

今でこそ街の片隅のギフトショップであるが、嘗ては街の中央に所在し、シンボル的存在であった。
筆者5歳の頃であったか、この沼田スズランにて藤岡弘氏(仮面ライダー1号)の握手会でサインをもらった事記憶している。
但し、件のサイン色紙の所在は今や不明であるのが寂しいところではある。

競うように存在した「いせや百貨店沼田店」の屋上では、怪獣ショーのような催しが時折行われ、この沼田にいても、それなりに子供心を満足させてくれる娯楽を、街の商業店各位が提供してくれていた訳である。

高度経済成長期のこの沼田の姿と、今の沼田では、使用前使用後のような違いを見て取れるのではあるが、今のこの沼田しか知らぬ世代には、今の姿だけが当たり前なのかも知れぬ。

それでもやはり、閉店店舗ばかりが軒を連ね、スーパーの惣菜量り売りコーナー等で初老の客が店員の眼を翳めて、つまみ食いをする様を見て育つ子供達に、生まれ育った街の姿はうらぶれた物としてしか刻まれない筈である。

P1141249.jpg

本日1月18日金曜、この利根沼田地区日中の最高気温-2℃であった。

この町にも何人か存在する初老のホームレスのライフスタイルは、夜通し歩き回り、昼間はスーパーの試食を喰らい、その店内のベンチなどで仮眠を取る形が主流であると、友人のタクシードライバーに教えてもらった。

過日、昨年度10年振りだかで自殺者が30,000人を下回った等と、何か達成感のあるような論調でマスメディアが報じていたが、所詮それらは警察庁が遺体を確認できた数のみである。
各地の自殺の名所などから涅槃へ旅立ち、遺体未回収の者達の数はそこに計上されていない。

自動車の自賠責保険が今年15%上がった。(2011年に11%上がっている)
ガソリンも今現在リッターあたり150円を超えて来ている。
車社会群馬県民には、痛い事ばかりである。

その上、所得税も増税。
この群馬県森林保護云々で県民税も増税を検討中である。

庶民とかけ離れた金銭感覚の官僚達、インチキ議員を先生と崇め奉って国荒廃!

日本各地の過疎地は、これから更に過疎地化に拍車が掛り、廃屋ばかりの街へと変貌してゆくばかりは必定で、住人はそんな事に関心を持つ余裕すらもなく、ただただ静かに散りゆかん。

そんな思いを連想させる、沼田スズラン閉店セールでございます。





スポンサーサイト
  1. 2013/01/18(金) 19:51:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<都道府県魅力度ランキング47位群馬県(2012年度) | ホーム | 「睦月」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taketoku1.blog.fc2.com/tb.php/56-b81ac386
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

渡辺哲夫

Author:渡辺哲夫
群馬県沼田市在住:「こんな過疎地に誰がした!過疎化で誰が儲けたか?」を考察し、この過疎の田舎から未来に遺すべき物を提起する。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (67)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。