上州新聞過疎地版

戦後4人の首相輩出?群馬県、こんな過疎地に誰がした!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「師匠」

PC091149_20121209203539.jpg

先ずは、まっとうな人間様。
このブログ「上野ひろし商店街」の筆者揶揄のコメントに対して、12月28日心温かいご思慮のコメントを頂き、真にありがとうございます。
ついでに阿部さん、又再び三度アホと言いたくなるような内容のブログを書き続けて参る所存にございますので、以後お見知りおき頂きたくござ候。

基、いやはや早いもので来年も残すところ365日となった。
間違えた。
今年も残すところあと2日となった。

沼田商店街連合会も、
「家康に過ぎたるものは二つあり。唐のかしらに本多平八」
の、本多殿の息女小松姫を担ぎだして年末商戦を乗り切ろうと必死である?!

気仙沼特産品が当たるとあるのが、興味をそそられる。
少々突っ込みを入れたいポスターではあるのだが、明日このイベントを主催した沼田市商工会会長と呑む約束をしてしまった手前、今日のところは止めておこう。
いや、実に素晴らしい企画のイベント告知である。
さぞや盛況であったに違いない。
明日、尋ねてみるのも悪くは無い。
いや、聞くだけ野暮か。

「お前、ブログでもやったら?」
西東京に住まう約30年来の先輩であり親友の、その一言に乗せられこのブログを始めて約一年が過ぎた。

二十歳代前半の我田引水そのものの筆者に様々な苦言を呈し、見事諭し開眼させててくれた我が人生最初の存在である。

何故だか、他の人間は言わないような言葉の数々を頂戴した。
彼のお蔭で、唯我独尊であった自分の厭らしさを少しずつ変えてくる事ができた気持ちがある。
人間苦言を呈してくれる者こそ、自分自身の磨き粉である。
耳障りの良い言葉ばかりに触れていても、心にめりはりが生まれぬ。

但し、人間そうそう変わらない。
人間は、習慣の動物である。
時に、浮き足立っている時は人の言葉に諭されるは花である。

もう2日働き、例年なら五代目古今亭志ん生の「芝浜」のカセットテープを聞いて新年を迎えるのであるが、明後日の大晦日は、五代目立川談志の「芝浜」で心を洗おうと思う。

西東京の友人の次に、筆者の心に人の道を諭してくれたのは、ほかならぬ談志師匠の落語と、池波正太郎氏の著作である。

「浮世路で、逢う者全て師匠なり」

恐らく、次にこのブログを更新するのは新年開けて数日経てになると思います。

お読みいただいている皆様並びにご家族様、お体ご自愛の上新しい年をお迎え下さい。

皆様の、新年のご健康ご活躍を祈念いたしております。

では、失礼させて頂きます。










スポンサーサイト
  1. 2012/12/29(土) 23:37:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「睦月」 | ホーム | 「片棒」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taketoku1.blog.fc2.com/tb.php/54-52717624
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

渡辺哲夫

Author:渡辺哲夫
群馬県沼田市在住:「こんな過疎地に誰がした!過疎化で誰が儲けたか?」を考察し、この過疎の田舎から未来に遺すべき物を提起する。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (67)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。