上州新聞過疎地版

戦後4人の首相輩出?群馬県、こんな過疎地に誰がした!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サラダパーク沼田0.26μSv/h(地上1m芝ソリスロープ下)

P9130851.jpg

過日9月9日日曜日、群馬県沼田市上発地町サラダパーク沼田にて、
『水鉄砲合戦inサラダパーク』なるイベントが行われたそうである。
親子など3人一組33チームが芝生の上で、合戦を繰り広げたそうである。

と、耳にして本日9月13日木曜日久しぶりのサラダパーク沼田のγ線測定である。
芝生広場上は、0.24μSv/hといったところ。
芝ソリ用スロープ下あたりが上記の写真である。
0.26μSv/h。

眼と鼻の先の群馬県所有、21世紀の森公園は、森の広場入り口展望室壁のまん真ん中に、
「0.30μSv/h以上の空間放射線量」の張り紙を掲げている。
かたやこの沼田市所有、サラダパーク沼田の敷地内及び駐車場などの人目をひく所に、この手の数値を示す物の一切の無いのは、どういう了見なのであろう。
この一年半の間に、このサラダパーク沼田で屋外合唱会や、21世紀の森公園(森の広場空間放射線量0.34μS/h以上)で星空観賞会などの学校行事を行い続けている沼田市教育委員会と言う組織とは、誰の何の為の組織なのであろうか?

少なくとも、昨年フクイチ事故から12月までの間、市内小中学校給食の完成メニューの検査などを行わず、一切放置黙認してきた方々の集まりだと言う事だけは、確かである。

そして12月、国の除染対象地域に認定されて初めて、第一回目のそれらの検査を行い始めた訳ではあるが、この沼田市近隣が最も汚れていた期間には、自ら何の行動も起こさなかった彼等はまず自分たちへの人道道徳教育の委員会でも無償で立ち上げ人の道のイロハから、学びなおす事進言したい。

今日は、具にもつかない事を長々と書き記してしまった。
所詮この群馬県は、アメリカの傀儡総理中曽根康弘らを先生と、崇め続けている自治体である。
孫子や自分が死した後の故郷の自然環境などよりは、各々の懐具合しか気に留めぬような公僕だらけなのである。
その手の事になど関心も持たず、やれ『今年は巨人の優勝がみられる!』とか、『AKBがどうしたこうした』などとバラエティー番組や、地上波如何様ワイドショー報道のテレビばかりを観て過ごし、勤務先上司の勧める政治家に愚直に、一票投じに行ってしまう現役世代がうざうざと存在する県なのだ。

「取り敢えず、投票所に行って○○に入れて来てくれ!」
筆者3年前に、この地に引っ越してきて選挙権を得たばかりの市議会議員選挙時に、縁ある旧知の人物より言われた言葉である。
この露骨さは、都市部では考えられない話であるが、これがこの過疎の町のもう一つの顔である。

ああ、思い出したら疲れた!
よってこの後は、サラダパーク沼田から望郷ライン経由沼田市佐山町、心洗われる写真を少々で、本日終了の心であります!

P9130856.jpg
P9130860.jpg
P9130866.jpg

佐山町の蕎麦畑。
その心洗われる白さに敬服!




スポンサーサイト
  1. 2012/09/13(木) 17:19:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本をアメリカの為に!自民党 | ホーム | 「過疎する群馬を眺める!」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taketoku1.blog.fc2.com/tb.php/43-85b54a95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

渡辺哲夫

Author:渡辺哲夫
群馬県沼田市在住:「こんな過疎地に誰がした!過疎化で誰が儲けたか?」を考察し、この過疎の田舎から未来に遺すべき物を提起する。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (67)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。