上州新聞過疎地版

戦後4人の首相輩出?群馬県、こんな過疎地に誰がした!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ニッポンの嘘」を観てきた!

P8310783.jpg

暦の上では、晩夏であるが東京のアスファルトの上の暑さは、筆者在住の群馬県沼田市のそれとは、異質の物である。
過日8月29日水曜日、銀座シネパトスにて、長谷川三郎監督「ニッポンの嘘」を鑑賞してきた。

”問題自体が法を犯したものであれば、報道カメラマンは法を犯してもかまわない”
ジャーナリスト界で「伝説」と語り継がれる報道写真家・福島菊次郎90歳。

そのキャリアは敗戦直後、ヒロシマでの撮影に始まり66年になる。
ピカドン、三里塚闘争、安保、東大安田講堂、水俣、ウーマンリブ、祝島ーー。
事実を伝えるためには手段を選ばない。
防衛庁を欺き、自衛隊と軍需産業内部に潜入取材して隠し撮り。
その写真を発表後、暴漢に襲われ家を放火される。

と、ここまでは、「ニッポンの嘘」劇場用パンフレット冒頭より抜粋拝借。

表に出ないものを、引っ張り出して、たたきつけてやりたい。

を、信条に、シャッターを切り続けてきた氏の近年の姿と、語りを収めた崇高なドキュメンタリー映画。
66年のキャリアをかけて、氏が引っ張り出して来て下さった、”ニッポンの嘘”は、この群馬県でも来る9月22日(土曜)~10月5日(木曜)まで、シネマテーク高崎にて鑑賞できる。

政府、政治と言う祭りごとの嘘はそこかしこにあり、それらは未だなんら変わりなく我々庶民を欺き続けているのだという事をきちんと確認できる優れた作品である。
時間を作る事が出来るのなら、群馬県在住の全庶民必見であろう!

P8290735.jpg
P8290744.jpg
P8290751.jpg
P8290755.jpg


映画を鑑賞し終えたその足で、靖国、千鳥ヶ淵を参拝し献花してきた。

「靖国で逢おう!」
その言葉を末期に、散った御霊達に頭を垂れるは日本人として当たり前の事と思っている。
戦争賛美ではない。
好むと好まざるの選択の余地すらもたらされず、戦火に殉死なさった無数の先人達へ、今の繁栄への礼を述べる事ただ肝要の如し。

もうすぐ、9月2日。
1945年のその日東京湾に浮かんだ戦艦ミズーリ号甲板にて、マッカーサー連合国最高司令官が見守るなか、外務大臣重光葵が降伏文書に調印をし、我が国に国家とは名ばかりのアメリカ傀儡政権誕生した。
その日から数えて67回目の奴隷記念日がやってくる。

皮肉な事に、同日野田政権誕生から丁度一年なのだそうだ。

昨今大手一流マスメディアの皆さん一押しの、大阪の橋下徹さんは、恐らく平成維新の”勝海舟”の役どころを某国より仰せつかったと感じる今日この頃ですが、皆さんはどうお感じであられましょうか?

某国は、政治家諸氏の弱みを握りブレインウオッシュなさるは、得意技。
橋本氏浮気発覚を手始めに様々突きつけられて、金玉縮み上がって、既に一丁上がりなんですよ。
きっと。

ああ、くわばらくわばら”
スポンサーサイト
  1. 2012/08/31(金) 19:48:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「知っているのに知らんぷり | ホーム | 除染対象地域の今!群馬県沼田市編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taketoku1.blog.fc2.com/tb.php/40-44d2b538
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

渡辺哲夫

Author:渡辺哲夫
群馬県沼田市在住:「こんな過疎地に誰がした!過疎化で誰が儲けたか?」を考察し、この過疎の田舎から未来に遺すべき物を提起する。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (67)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。