上州新聞過疎地版

戦後4人の首相輩出?群馬県、こんな過疎地に誰がした!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

先生と言われる程の馬鹿でなし

PICT0001_20120413201108.jpg

0.79μSv/h

γ線量、沼田東小学校第二学童クラブ建物東南角U字溝脇直置きにて計測。

本日2012年4月13日午後1時頃、筆者久々母校を訪問、計測しつつ撮影してきた。


新学期である。

「日本中が、汚れてしまっているのです。でも、子供たちだけは、まもってあげなければいけないのです。汚れた食べ物は年齢の高い者達が、ひきうけるべきなのです」

京都大学原子炉実験所助教、小出裕章氏毎日放送「種まきジャーナル」等出演時での常套句である。

「日本中、至る所にホットスポットと呼ばれる所は無数にあります」

「これから、川沿い特に江戸川などの河口堰に溜まっていくのでその周囲の線量が心配です」

等とも、常に発言をされておられる。


筆者休日毎の散策で見えてきたのは、市内で溜まりやすい場所は大分限られて来ている。

そのうちの一つがこの場所であり筆者の古い友人のご息女も、この第二学童クラブの世話になっておられるので、そろそろと思い訪れてみた。


恐らく、未だこの東小学校の校長も教頭も、線量計を持っていないであろうと思う。


そして、筆者が教頭の杉木氏にお貸しした小出先生の著書「知りたくないけれど知っておかなくてはいけない原発のはなし」は、そのまま彼の机の片隅か引き出しの奥にでも忘れ去られているような気がしてならない。

恩師なので、今迄武士の情けで書かなかったのだが、氏はどちらかというとγ線の空間線量の話より同期の先生諸氏の誰と誰が、どこどこの校長になった等の話をする時に限り、嬉々としていたと筆者は感じた。


いつになったら、杉木氏から、

「渡辺、本読み終わった取りによってくれ」

そう、電話をいただけるのかと思って、待っているのではあるが。


「先生と、言われるほどの馬鹿でなし」

と、言う川柳がある。(詠み人知らず)

互いに、○○先生と呼び合うのは、学校の教師とせいぜい政治家風情だけである。

そんな勘違いの思い上がった、権力者などを揶揄した川柳である。


教師達とは、本当に狭い世界に生きていると筆者は思う。

その上、監督官庁である文科省や教育委員会のみに気を遣い、生涯学習センター等にその身を振ってもらえる事に定年後の生きがいを見いだしておられたりするようである。

杉木氏もその辺り語っておられた。


筆者が、あの日何を伝えたくて伺ったのかを理解できない御人でなかったはずだが。
そのさきは、

「云わぬが花」
なのであろう。

因みに、群馬県の学校給食に於いて昨年秋に収穫されたお米の使用は、この四月からである。


あえて言わせていただくが、沼田市の小学校給食のインスペクトは、本年1月23日を最後に以降行われていない。


この国の、「先生と、互いに呼び合う方々」の眼に、映しておいて戴きたい者たちの姿は、その瞳にも心の中にも存在なき様子である。


筆者、そう思えてならない。

スポンサーサイト
  1. 2012/04/13(金) 21:14:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食べて応援2012 | ホーム | 「ハキだめに鶴をみた!」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taketoku1.blog.fc2.com/tb.php/16-ebeef8cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

渡辺哲夫

Author:渡辺哲夫
群馬県沼田市在住:「こんな過疎地に誰がした!過疎化で誰が儲けたか?」を考察し、この過疎の田舎から未来に遺すべき物を提起する。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (67)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。