上州新聞過疎地版

戦後4人の首相輩出?群馬県、こんな過疎地に誰がした!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

率先垂範無きキャプテン達!

PICT0001_20120322142636.jpg
財務省曰く、昨年2011年6月末時点でのこの過疎する国日本の「国の借金の総額」は、943兆8096億円なんだそうな。

長期国債と普通国債に、政府短期証券などのその総額を、同年7月1日時点の人口概算1億2792万人で割ると国民一人頭その借金額738万円になるのだそうだ。


筆者には、
「まったく身に覚えのない借金」の、話である。
そんな、借金誰にせがんだ訳でもない。
議会制民主主義の代表でおられる議員各位が、この国の優秀な官僚諸氏と共に、我が国の輝かしい未来の繁栄の為にと熟慮と議論に議論を重ね決断なされた意義ある先行投資の額ではある。


「一寸お待ちになっておくんなさいよ!これとこれのこの予算金額は、高すぎやしませんかね?」
等と言って、喰らいつき検証をし、おかしいとあらばその行政府のその襟を正させる為の存在が、云わずと知れた新聞及びテレビニュースメディアの筈である。


この国は、不思議な事に権力側である行政機関の建物内に、時にそれらを糾弾する事を社会的役割としている筈の大手一流新聞メディアや国営放送であるNHKや他のテレビメディアの為の駐在員オヒィスが存在する。
その名称は、記者クラブと言う物だが、欧米にはそんな物は無い。
我が国では、そこに属さないと各々省庁などの取材活動が殆どさせてもらえないシステムに、なっている。
昨年の原発事故の後、海外メディアが関係省庁の取材に訪れるも、日本の記者クラブに非加入との理由で取材等をさせず、我が国の情報隠蔽国家呼ばわりを受けるきっかけにもなったのである。

そしてこの沼田市のようなたかだか人口5万2千人程の沼田市役所の中にも、それらはご丁寧にも存在しているのである。


筆者、本日昼過ぎ本業休日故、市役所近隣の精肉店にメンチ類の購入がてら、件の
「沼田記者クラブ」を訪ねて来た。

一度、昨年沼田市議会傍聴の折より気にかかっており、毎度の如く市庁舎3階のその記者室と札の掲げられたドアを、二度ノックし終えるが早いか、
{沼田記者クラブ}
の、その意外に広いオヒィス内に踊りこんだ。


一人、弁当を食しておられた市職員の女性が、慌て口を押さえながら対応してくれた。


七つ八つ置かれた大きめのデスクは、NHK、朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、東京新聞、上毛新聞の為の物であり、左記の6社が{沼田記者クラブ}に加入しておりたまたま本日昼時で全社不在であったものの、各々駐在員がおりこれらのデスクにて行政府である沼田市からの情報を授かり記事を起こすとの事であった。

元来公権力行政の監視が大義であり、時に、詰問をし不正や談合の疑いのある事案が露呈した場合には、その追求が社会的役割である新聞記者が、その対象となりうる役人諸氏と日々同じ空気の檻の中に存在をしている。


かの(社)自由報道協会代表上杉隆氏が、その著作幻冬舎新書
「ジャーナリズム崩壊」などのなかで、盛んに発信しておられるのであるが、これがこの国の大手新聞メディアの一面記事が大抵横並びである根拠であろう。


新聞記者が、行政側の掌の上にいて、自ら足を棒にして得た情報ではなく、まるでその広報のように存在をしているのである。そして、行政側が持ってきた情報を記者クラブの各社駐在員同士が雑談を交わしながら見出しなんぞを考えるのかも知れない。

そして、記事の入校を終えれば、行政側の人間である市役所職員達と、夕暮れの巷に消えて行くのであろうか。

筆者、想像を巡らせるの止めにして、市職員女氏に、かねてからの疑問をぶつけてみた。


「で、ここにおられるNHK、及び新聞各社は、この役所の一番眺望の良い部屋の賃料、電気、上下水道代、電話FAX代等は、納めておられるのですかね?」


そう、尋ねた筆者に対し、彼女は臆面もなく言った物だ。

「いいえ、一切金銭の支払いは、行われておりません!」

なんだそうである。

市役所庁舎である。
その職員、市議等がここで執務する為に我々の血税が使われるのは、これ仕方ない。


しかし、他の民間企業の方々が使う電気、電話代、上下水道代、トイレットペーパー代。
取り分けその事務所賃料なんぞまで、面倒を見ていられるほど、この地方交付税依存の過疎の町には、余裕なんぞ無い筈なのである。


もし、ご存知無き沼田市民各位の為に、もう一言だけ。

{沼田市の公共工事地方債が、市民一人頭約100万円あるのだそうである}


誰でも良い、どうかこの国の優秀な官僚各位とその慣れ合い政治家各位に、率先垂範の四文字のシンプルな意味の教授を、お願いしたい物である。

合掌




スポンサーサイト
  1. 2012/03/22(木) 16:58:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<御用学者、現る! | ホーム | 消費期限(食品)は、誰の為?>>

コメント

大変腹立たしい事ですね。悲しくなります。当たり前にそうしてきたから、問題意識がもてなくなってるんですね。
大阪は今、市長が頑張っています。

  1. 2012/03/23(金) 07:29:59 |
  2. URL |
  3. ゆう #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taketoku1.blog.fc2.com/tb.php/12-b0cf0bcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

渡辺哲夫

Author:渡辺哲夫
群馬県沼田市在住:「こんな過疎地に誰がした!過疎化で誰が儲けたか?」を考察し、この過疎の田舎から未来に遺すべき物を提起する。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (67)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。