上州新聞過疎地版

戦後4人の首相輩出?群馬県、こんな過疎地に誰がした!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「21世紀の森」参道の空間放射線量0.91μSv/h

望郷ライン杉並木
杉並木地表1.29
せせらぎ橋付近
21のもん
薪
奈良町ゴミ収集所

群馬県沼田市奈良町ゴミ収集所から、沼田市上発知町「21世紀の森」に辿り着くまでの参道は、一面杉並木である。
かねてから、もしやと思っていたものの、中々立ち止まり計測する時間を持てず、本日ようやくの撮影であった。

この界隈の杉は、伐採され沼田市内各所で薪として販売されている。

沼田市が、震災瓦礫の受け入れを断ったのも、なんとなく分かる気がしてきた。
この杉木立から伐採された薪を、界隈の民宿やログハウス住まいの方々が消費し続けていくだけでも、かなりのセシウム拡散であろう。
建築資材にそぐわぬ様子の杉材は、自ずと薪にせざるを得ない。
林業農家には、なんら責めはない。

昨日、東京電力の新会長に任命された、下河辺氏や、新社長に任命された広瀬氏は、もうこの膨大な杉並木にまき散らされたセシウムの除染費用の心配は無用となっている。
原子力損害賠償法に基き、全ての除染費用は”国”が、支払ってくれるからである。
21世紀の森はまだしも、この杉並木に降り注ぎ居座った膨大なセシウム達の除染(移染)は、恐らく無理であろう。
そして、恒久的にあらゆる形で、被曝拡散し続けるであろう。
群馬県や、沼田市には、どうにかしようとする気概は、皆無である。

来る8月26日のフェスティバルには、月夜野中学校の生徒たちも出演するのだそうだ。
当然、応援の友人生徒達も、かの芝地に佇み、弁当などを食し、青春の1ページを謳歌するのであろう。

誰か、真面に未来ある若者達を気遣える正気な公僕はいないものか?

Oh,have mercy!


スポンサーサイト
  1. 2012/06/29(金) 19:47:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

21世紀の森(群馬県)0.41μSv/h本日芝刈り後!

629の21
森の広場案内
21のもん


また、本日11時過ぎ、散策がてらの”21世紀の森”ガンマー線計測。

群馬県環境保全課の告知通りか?
取り敢えず森の広場全ての芝刈りが、略完了していた。
環境保全課担当氏が、電話にて述べておられた程短く芝を刈った様子ではなく、2.3センチ程に整えただけであった。

よって、筆者想像の通り空間放射線量になんら変化は無し。

森の広場では、0.41μSv/h。
少し離れた、第二駐車場付近では0.48μSv/h等等、福島第一(TEPCO)からの消えない負の遺産たちは、すこぶる元気であった。

筆者が、森の広場を計測していると、芝刈り機運転の群馬県雇用だという作業員の方に声をかけられた。

「数値は、いくつ位なんですか?」
聞けば、線量計は不所持で、時折表れる県環境保全課職員は計測はするものの、数値は知らせずに立ち去るだけなのだという。

この後筆者、この芝刈り作業の方と1時間ほど立ち話をした。
彼以外にも、この作業を行う県雇用の方は何人かおられるとの事であった。
昨年は、何も情報をもたらされず芝刈り作業をさせられていた事など、群馬県環境保全課及び群馬県の雇用者の扱いは、非人間的であると言わざるを得ないと、筆者は感じた。

ただ、件の男性のたっての頼みで、本人と分からぬようにして欲しいとの約束をした以上、彼のもたらしてくれた情報は今後の県政追及の時に、役立てる事とし、本日の彼の言葉として表現する事はさける事にした。

自己保身しか頭にない、部下、シルバー人材の方などには、人間的に接する事の出来ぬエリート諸氏が、この国を失速させ続けている。

無粋極まり無い。
  1. 2012/06/29(金) 18:26:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

「末は、博士か大臣か!」

21世紀の森地上50

「末は、博士か大臣か?」

神童でもない我が子の頭を撫でながら、高度成長期の親達は、こんな科白を肴に安酒をあおり、明るい未来を夢見ていた。

しかし、今や博士、大臣と名のつく類の輩の大多数は、国家的規模の詐欺師グループを司り、その組織存亡の為だけに日々修身している。

”原子力マフィア”
なんと、まあ、無粋で貧乏臭い輩達であろう。

「うそつきは、ドロボーの始まり」
筆者、幼少の頃、周囲の大人達が、口癖のように見知らぬ子ですら、そう諭していたように記憶している。

子供でも分かるような嘘をつき、厚顔無恥でいられる輩ばかりの大臣、博士達。

どうせ、あたしを騙すなら死ぬまで騙して欲しかった。
西田佐知子「東京ブルース」の、詩の一遍だ。
騙されてきた者たちは、もう黙ってはいまい。

上手く騙し続けていけるつもりでいるのだろうか?

「天網恢恢そにして漏らさず」
天は、見ています。

知る限り、怒ってます。
ネット世代の若者達は。

次の、選挙はまさに、「見ていやがれ!」で、ありたい。

視点を転じて、群馬県沼田市。
放射能汚染を、3600か所で測定。
国から、¥550000000(5億5000万円)の除染費用受け取ったとの事である。
公共工事の減っていた、この過疎の町には、たぶん”濡れ手に粟”位の、感慨しかないように思う。
どの土建会社が、それらを行うのか、そしてどう作業を行うのか?
興味を持たずには、いられない。
しかし、その金の拠出先は、東京電力でなしに、国である。
国、すなわち、それは我々の血税である。

FM尾瀬は、8月26日「21世紀の森音楽祭」チケットの販売を開始。

群馬県環境保全課は、「取り敢えず、芝を根元まで刈り込んで経過を見る」
のだそうである。
昨日、電話にて確認済み。

土壌を、剥がさずに線量が下がるかを、お試しになるそうである。

ワンダフル!群馬県

0.61μSv/h(+-15)
写真は、21世紀の森、”地上50センチ”の空間放射線量である。



  1. 2012/06/21(木) 16:58:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

21世紀の森(群馬県)0.42μSv/h地上1m

21クマ
21看板
皇太子殿下 (2)
21世紀の森120614
21世紀の森

2012年6月14日木曜日15時
群馬県立森林公園「21世紀の森」

写真の通り、小高い丘の東端上においては、0.42μSv/h(±15)であった。

来る8月26日日曜日、FM尾瀬主催
「21世紀の森」野外音楽祭が、行われる。
{クマ出没注意の看板}以外の写真の場所は、その会場となる。

本日、機械で全ての芝を刈り取っておられた。
お疲れさまである。
しかし、空間線量は、上記の写真の通りである。

まだ、FM尾瀬のスタッフはこの空間放射線量について、ご存じ無いのかも知れない。

ただし、悪いのは、破滅的事故など起こる筈がない。
そんな事想定などする必要がない。想定不適当。
そう、烙印を押し行われてきた、この国の原子力政策にかかわってきた全ての亡者達にある。

悲しいかな、やはり筆者のブログなど、沼田市民は知らないらしい。



  1. 2012/06/14(木) 17:35:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

「盛者必衰」

21世紀の森

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす」
言わずと知れた、{平家物語}の冒頭部分。
盛んなる者も、必ず衰えると言う考え方であり、若き日にその一説を流し読み、忘れかけていたこの一節が、昨今わが身心に問いかけて来る物事は多く、そして只々感慨深い。

{福祉と税の一体改革}云々と言いながら、マニュフェストに有った総合子供園は、どうやら廃止の様子。
マニュフェストにあった様々な福祉政策は捨て去り、消費税の増税のみがどうやら本丸のご様子の”野良”あっ間違えた野田政権。

「自民党が掲げる消費税の増税など、砂漠に水を撒くような物。又、シロアリがむらがるだけであります」
当の野良犬、あっ、また言い間違えた。
当の野田首相の、野党時代の辻説法での有名な一説である。
何年も経った訳では無い筈だが、見事な変わりよう。
この度一足飛びの増税垂範、尚且つ恐らくは、ご本人御自らシロアリのリーダーも兼任のご様子。
そんな、野田支持者達の、先週のNHK世論調査での支持理由の一位は、「人柄の良さ」なのだそうである。
面白い!

あまり一流新聞テレビは、取り上げないが、2010年末首相官邸での記者懇談会にて、仙谷由人現政調会長が同席の女性記者の肩を抱き寄せ、酒を注がせ、揚句
「俺も歳だけど、まだ立つかな」
「おー、立つ、立つ、俺も未だ大丈夫だ」
「びんびんだ!」
などと、他の男性記者達を前に、件の女性の胸部に、触れるが如き勢いとともに、お戯れになった。
このセクハラ騒ぎを、2011年1月13日号で記事にした週刊文春、週刊新潮両紙を、仙谷政調会長は、各々名誉棄損で1000万円の損害賠償”付で提訴しておられた。
そして、過日2012年6月12日(火)
東京地裁(宮坂昌利裁判長)は、
「セクハラと受け取られかねない言動があったのは事実だ」
として、その請求を棄却した。
仙谷性調会長は、当初発言を否定していたが、件の女性記者の証言を受けて、一転して認めていたそうな。
時事通信6月12(火)16時3分配信ニュースにて、参照。

判決をうけ、仙谷氏側は、「重要な点に事実誤認、評価の誤りがあり、控訴を検討中である」
なのだそうだ。
その控訴費用も、元々の裁判費用も、税金から支払わられた議員歳費から捻出されること、我々納税者は忘れてはいけない。

「豊かで人間的な生活のために、原発再稼働」
とは、”野良犬”野田総理。(餌を撒かれりゃ飼い主選ばず。彼のご主人は今何処?)

「原発の再稼働は、粛々と行えば良い」
とは、仙谷性調会長。(堅気の会社員なら、当に解雇であろう)

節操もなく、周囲にいる全ての男女に気遣いすらできぬお人(仙谷由人、そう名前は由人)や、マニュフェスト詐欺のドジョウの、思い上がりに付き合ってこのまま衰退するは、若きこの国の者達にとってこれほど情けない話はない。

「長年中性子を浴び続けた、鋼鐵製の原子炉圧力容器は、40年も経てば、ガラスのような脆弱な強度になってしまっています」
とは、京都大学原子炉実験所助京小出裕章先生のお言葉である。
そして、それらを取り巻くあらゆる環境人間全てが、インチキであったが為に起こったフクイチクライシス。

減価償却を終えた大飯原発や、新潟刈羽原発を稼働させれば、関電や東電はすぐさま儲かる。
だが、いまひとたび地震が起こればもう一丁メルトダウンであろう。

「もう一発行くかーい!」
清志郎が、生きていたら皮肉を込めて言ってくれたやもしれない。

「清志郎が、生きていてくれたなら、もっと若い人達が関心をもってくれたかもしれない」
とは、震災後の東電会見で末期癌のお体をもろともせず、大手メディアの妨害にも屈せず、真実の追及に尽力なさり6月12日49歳の若さで永眠なされた、弁護士であり、インターネット市民メディア「NP」の編集長日隅一雄氏の言葉である。

ご自身の、抗癌の苦痛の日々にも、常に笑顔でおられた姿。一ファンとしてただただ残念でならない。
日隅一雄氏のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。


この沼田市の小学生にも、甲状腺の異常の兆候が、表れたお子さんがおられるそうです。

「フクイチは、人災です」

このまま、巻き添えで
「盛者必衰」
は、御免である。

写真は、群馬県立21世紀の森、イベントステージ設営予定地の空間放射線量0.35μSv/h(+-15)
2012年6月7日撮影








  1. 2012/06/14(木) 11:49:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

テレビをやめて15周年!

PICT0001_20120607164559.jpg


「テレビばっかり見てないで、ちゃんと勉強しないと馬鹿になっちゃうよ!」

筆者幼少の頃、日々両親から言われたものだ。

遅ればせながら、その両親の忠言を実行したのは、30歳の時である。
14型のテレビデオの故障を期に、テレビは購入した事がない。
以来、筆者ラジオパースンであり尚且つ、とりわけAMラジオ派である。
1134と、1242を聴き分けていたのだが、昨年1242の、朝の番組のT氏のある偏向発言に愛想がつき、今は朝6時からラジオは、略1134のみである。

因みに、我が父の情報源はテレビは主にNHK、ラジオはNHKのみ。新聞は朝日新聞である。
インターネットの何たるかなど、皆目わからず。
週刊誌の類は、手にした姿を観た事すらない。
時々、病院などに置かれた上毛新聞、上毛スポーツなどを拡げる時が、多分他メディアに触れる唯一の機会かもしれない。

群馬県人、年齢を問わずこのタイプの御人は少なくは無いのでは?
筆者は、そう思う。

「この、大沢知事の浮気の事は、しらなかったよ!」

本日、市内で小商いを営む友人を訪ね、彼からきかされた台詞だ。
その友人は、上毛新聞と上毛スポーツと民放テレビが、主な日々の情報源である。
パソコンの購入は、筆者がその大切さ便利さを、この3年かけて説き続けてはいるが、未だ思案中である。

筆者職場の、子育て世代の女性従業員などは、パソコンを購入したものの、未だインターネットにプロバイドしていないのだそうだ。
現役子育て世代でも、この様相。

「テレビを観てる人、莫迦ばっかしですから」
とは、20年程前の、超有名放送作家T氏のとある深夜番組での言動である。

福島第一の3号機の爆発を、未だNHKは放映していないのだそうだ。
MOX燃料の、あの激しい爆発をその眼にしていないのは我が父の世代には、相当数いるような気がする。
4号機が再度の地震で倒壊、又はその仮設の、冷却ダクトが壊れてしまうとどうなるかなど、今ひとつ解釈に乏しい人々は、筆者の働くデパ地下食品売り場に、うざうざといる。
彼らの、昨日の話題は48人のキャバクラ嬢たちの看板争いが、その中心であった。
「テレビばっかり見ていないで、ちゃんと勉強しないと馬鹿」
ならぬ、
「テレビばっかり見ていないで、ちゃんと勉強しないと癌」
で、死んでしまう時代の幕は、切って落とされたばかりなのである。

こんな、筆者の瓦版など、市内で2、3人読んでくれている程度であるやもしれないが、まあ、仕方の無い所であろう。

5月30日更新!沼田市ホームページヘッドライン5行目あたり、
「サラダパーク沼田を遠足などでご利用下さい」
と、あった。

因って、本日11:55計測。

0.28μSv/h(+-15)

筆者ならば、孫子には足を運ばせたくは無い数値である。


  1. 2012/06/07(木) 17:47:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

群馬県立「21世紀の森」空間放射線量0.38μSv/h(+-15)

PICT0001_20120604191040.jpg

群馬県立森林公園「21世紀の森」

この地で、毎年「21世紀の森」野外音楽祭なるイベントが行われている。
今年は、8月26日日曜日に決定しており雨天決行であるそうな。

本日晴天につき、散策がてら胸いっぱいの森林浴ならぬγ線浴を満喫してきた。

写真の、施設入り口トイレ付近の足元はアスファルトであるが、この地点で写真の数値0.38μSv/h(+-15)。

筆者の朋輩は、0.3μSv/hでevacuate alarmが鳴る為、写真のトイレを背に、芝生の敷き詰められたすり鉢状の敷地を踏みしめ、ステージの設けられる小高い丘との間を行き来する間、その警告音の止む事はなかった。

芝生上に直接置いて見れば、1μSv/h以上の数値はごく当たり前に指示した。

これは筆者の、妄想ではなく現実の話である。
イベントに携わる方々に、何人かの知人友人も含まれている。

因って、多くは語らない。

因みに、この施設沼田市と利根郡川場村に跨って所在するが、管理者は群馬県である。

群馬県と言えば、昨今アルムアルデヒトの利根川流入事件の折、対応の稚拙さに下流の他県各位から非難を浴びたばかり。

その知事の大沢氏は、昨年知事公舎に奥様以外の女性を40回程宿泊させた件で謝罪会見を行っている。

通常前橋市の自宅から県庁に通勤しておられるが、その女性と夜を徹しての打ち合わせをなさる際に知事公舎に宿泊あそばせておられたそうな。
挙句、打ち合わせの労を癒す為300万円を投入なさり知事公舎浴場を、改装なさったそうでもある。
そんな、知事公舎のモーテル化に尽力なさった大沢氏の年収は、
2400万(日給約65700円。総額を365日で割ってみました!)

昨年7月20日に反省のつもりか返納したのは、その1カ月分の給料であったとか。
公用車は、彼の代になってから群馬県知事史上最高額のレクサスハイブリッドその車体価格、
1500万

「自分を戒め、県発展のため努力することが私の使命」
と、未だ県政に尽力なさっておられるが、今現在この群馬県県政史上最高の借金額、
1000000000000円(1兆円)

更新中である。

「あまり、使用しない知事公舎は、処分を検討」
確か、昨年そうおっしゃっておられたが、
今現在、件の知事公舎には、副知事が居住なさっておられるそうである。
本日筆者が、群馬県管財課に電話で質問した際に、

「今、管財課で処分の検討に入った所でして」
そう、担当氏述べておられた。

群馬県管理地「21世紀の森」の除染(移染)計画は、きっと来年の今頃に、検討に入るのかもしれない。

仕方ないので、イベント開催のおりには、十分な数のN95以上のマスクを購入し配布でもする事関係各位に、ご一考願いたいと思う。

追伸、今年5月28日、沼田市学校給食センターが、第3回目の給食完成メニューの放射性物質の含有値測定を、行ったとの事。
近日、沼田市ホームページ掲載との事である。

この国の、公僕諸氏は、こぞって多忙の様子。

困ったものである。






  1. 2012/06/04(月) 21:00:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

プロフィール

渡辺哲夫

Author:渡辺哲夫
群馬県沼田市在住:「こんな過疎地に誰がした!過疎化で誰が儲けたか?」を考察し、この過疎の田舎から未来に遺すべき物を提起する。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (67)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。