上州新聞過疎地版

戦後4人の首相輩出?群馬県、こんな過疎地に誰がした!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

塵も積もれば

PICT0001_20120425214928.jpg

筆者、元来キャンプやピクニックの類は好きではない。
好きではないが、昨晩昔馴染み二人に誘われ嫌々ながら花見をしてきた。

場所は、沼田公園。

この公園敷地内にシートを敷いての花見等、恐らく幼稚園の頃が最後であったと記憶している。

酒を呑むならせめて居酒屋が好ましい。
埃と誰がしかの煙草の煙に包まれ、尚且つ筆者花粉症なのである。

クシャミと鼻水に悩まされつつ、冷たいビール片手に談笑する昔馴染み達とそれらの連れの女性陣を横目に、スコッチのポケット瓶をちびりちびりやりながらの筆者。

手持無沙汰で、線量計を取り出し地表のγ線を計測してみた。

0.14μSv/h

探せばホットスポットもあるであろう。

そんな公園内を、走り回る子供、野良猫、テキヤの焼き鶏の煙に咽ぶ公園の檻のなかの猿達。

携帯灰皿を持たぬ喫煙者達が、開けたビールの缶の中に煙草を揉み消す。

「春の夜の夢」で有ればと、人間のエゴにライトアップされ体内時計を狂わされる桜樹や他の木々花々が、むせびないているように筆者は感じた。

そして、宴が終われば、分別などせずにゴミを放り人々は所々に、立ち小便などしつつ家路に向かう。

これらのゴミは、明日市の職員が分別し、ついで、公園内の塵や煙草の吸いさしなどの清掃もするのであろう。

などと、想像を巡らせて見れば、この国の原発を取り巻く環境もなんら変わりが無いと感じた。

自分が、置き去りにしたゴミの行方や後始末、誰も観ていないから良いだろう。

我の一時の快楽、その後始末誰しるものぞ。


「旅の恥はかき捨て」

的な、この国の悪しき情緒は普遍なのだ。

筆者、職場である百貨店の清掃の方がゴミの分別時に手指に裂傷を負った場面に出っくわした事がある。

「時々、やっちまうんですよね」

ため息交じりの苦笑が忘れられない。

苦笑では、済まされぬ猛毒の塵は今も明日も10年先も福島第一から大気中へ海へと拡散し続けていく。

その積もりに積もった塵の向こうに浮ぶ未来の瞳達には、手向ける言葉を見いだせない。

筆者、もしこの国に来年が来たら、花見はした事にして静かに酒場で過ごしたい。
スポンサーサイト
  1. 2012/04/25(水) 22:52:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食べて応援2012

PICT0001_20120418163503.jpg

筆者が、「食べて応援」
を、継続中の日本百貨店協会の末端の現場にて働いている事以前に述べてある。


先週のブログの空間線量の数値について、昨年の写真であろうと言う言葉をとある御人より戴いたので、本日付けWEB版東京新聞のプリントの端を切り用い撮影してきた。(沼田東小第二学童クラブ建物脇東角)

別に、筆者あおるつもりもない。

ただ、乗りかかった船であり、まして一銭の金にもならない。


勤務先の、スズラン百貨店の食品部社員諸氏には煙たがられ、休日市役所に立ちよれば受付の女性が恐々と、筆者に接する。

たまに今日のように母校に立ちよれば、撮影場所隣の榛名養護学校沼田分校の教師の方現れ、

「もしかして、市長のお隣の渡辺さんでしょうか?」

と、どことなく訝しげにお声をかけていただけたりもする。

多分、筆者の行動は迷惑でしかないのかもしれない。

それでも、構わない。

全てを、風化させてしまいたくないのである。


「今月から、群馬県は昨年秋収穫の米を学校給食に用い始めましたがご存知ですか?」

現れた、榛名養護学校沼田分校の教師の方に、尋ねてみた。

答えは、

「NO]

で、あった。

ご本人、分校の校長でおられると言う。

「昨年来、沼田市の小中学校給食の検査は、本年2月までに3回のみであるがご存じか?」

とも問うたが、

「そうでしたか!」

の、返答であった。

養護学校の職務は、激務であろうと、筆者容易に想像がつく。

彼等には、勝手に除染に対応する権限は、与えられていない。


「時々、榛名本校から線量計を借りてきて周囲を計測したりもしています」

との、事ではあった。



筆者勤務の、スズラン百貨店食品売り場にはかのイオン食品売り場のように、各食品に対する放射性セシウムなどの含有を指し示す表示は一切ない。

日本百貨店協会は、昨年来

「食べて応援」

継続中である。

経産省との、関係を考えれば付ける薬の無い協会なので致し方なしではある。

しかし、小中学校の給食は、

「食べて応援」

から、やがて

「食べて発癌」

の、原因の一翼を担って良い訳ではない。

ただ、悲しいかなこの群馬県は、元来保守の牙城であり元々原発政策を司ってきた自由民主党王国なのである。

現在の県知事然り、この沼田市の市長然り

「所詮、各々の政治生命のみが生きがいで、未来の有権者の健康は直接関係ない」

そう、お考えであるような気がしてならない。


もう一度言う。

昨年度秋収穫の米を使用し始めた今月、小中学校給食の完成メニューの検査は、未だ一度も行われていないのである。


偽政者達と、この国の有能な官僚諸氏に乾杯!






  1. 2012/04/18(水) 16:32:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

先生と言われる程の馬鹿でなし

PICT0001_20120413201108.jpg

0.79μSv/h

γ線量、沼田東小学校第二学童クラブ建物東南角U字溝脇直置きにて計測。

本日2012年4月13日午後1時頃、筆者久々母校を訪問、計測しつつ撮影してきた。


新学期である。

「日本中が、汚れてしまっているのです。でも、子供たちだけは、まもってあげなければいけないのです。汚れた食べ物は年齢の高い者達が、ひきうけるべきなのです」

京都大学原子炉実験所助教、小出裕章氏毎日放送「種まきジャーナル」等出演時での常套句である。

「日本中、至る所にホットスポットと呼ばれる所は無数にあります」

「これから、川沿い特に江戸川などの河口堰に溜まっていくのでその周囲の線量が心配です」

等とも、常に発言をされておられる。


筆者休日毎の散策で見えてきたのは、市内で溜まりやすい場所は大分限られて来ている。

そのうちの一つがこの場所であり筆者の古い友人のご息女も、この第二学童クラブの世話になっておられるので、そろそろと思い訪れてみた。


恐らく、未だこの東小学校の校長も教頭も、線量計を持っていないであろうと思う。


そして、筆者が教頭の杉木氏にお貸しした小出先生の著書「知りたくないけれど知っておかなくてはいけない原発のはなし」は、そのまま彼の机の片隅か引き出しの奥にでも忘れ去られているような気がしてならない。

恩師なので、今迄武士の情けで書かなかったのだが、氏はどちらかというとγ線の空間線量の話より同期の先生諸氏の誰と誰が、どこどこの校長になった等の話をする時に限り、嬉々としていたと筆者は感じた。


いつになったら、杉木氏から、

「渡辺、本読み終わった取りによってくれ」

そう、電話をいただけるのかと思って、待っているのではあるが。


「先生と、言われるほどの馬鹿でなし」

と、言う川柳がある。(詠み人知らず)

互いに、○○先生と呼び合うのは、学校の教師とせいぜい政治家風情だけである。

そんな勘違いの思い上がった、権力者などを揶揄した川柳である。


教師達とは、本当に狭い世界に生きていると筆者は思う。

その上、監督官庁である文科省や教育委員会のみに気を遣い、生涯学習センター等にその身を振ってもらえる事に定年後の生きがいを見いだしておられたりするようである。

杉木氏もその辺り語っておられた。


筆者が、あの日何を伝えたくて伺ったのかを理解できない御人でなかったはずだが。
そのさきは、

「云わぬが花」
なのであろう。

因みに、群馬県の学校給食に於いて昨年秋に収穫されたお米の使用は、この四月からである。


あえて言わせていただくが、沼田市の小学校給食のインスペクトは、本年1月23日を最後に以降行われていない。


この国の、「先生と、互いに呼び合う方々」の眼に、映しておいて戴きたい者たちの姿は、その瞳にも心の中にも存在なき様子である。


筆者、そう思えてならない。

  1. 2012/04/13(金) 21:14:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ハキだめに鶴をみた!」

PICT0001_20120410105034.jpg

「さまざまな、ことおもいだすさくらかな」

云わずと知れた、松尾芭蕉の句であるが、筆者には映画{男はつらいよ}で渥美清氏演じるフーテンの寅さんが(何作目かは、忘れたが)かの映画冒頭で詠み直した物が贔屓である。

誰もが想いを巡らせつつ、その胸のなかで詠み直して見ても、その様々浮世の紆余曲折を、今一度浮び上がらせる手助けになるのは、名句が名句たる所以であろう。


過日昼時、筆者そんな事想いつつ、前橋馬場川沿いの一車線の一方通行路端を歩行中、それを逆走してくるピンクの軽自動車に遭遇した。
前橋は、一方通行の一車線が多い。
見るともなしに、その車内に我が目を転じれば、80歳代半ばとおぼしき白髪の女性が、携帯電話片手の咥え煙草に片手ハンドルである。
偶然にも、角に立つ筆者を右にみて一時停止し再び違う一方通行の細い路地にハンドルを切り始める。
これまた偶然に半分開け放たれていたウインドウの奥のその女性と視線をあわせる羽目になった筆者。

「一通の逆走ですよ!」

迷わずそう告げた。

するとその女性ブレーキをかけきちんと停車しウインドウを下まで下ろして筆者に一瞥をくれると、こう言い放った。

「大きなお世話!」

そう滑舌良い台詞を置き去りに、迷うことなく一方通行のその路地に、改めて逆走で滑り込んで行った。

筆者、完敗であった。


群馬県の行政は、公共交通機関の発展に尽力はせず、ひたすら車社会にエールを送り続けて来た。

富士重工(スバル)や曙ブレーキ、電装等からの眼先の法人税収入の事ばかりにご執心で、いずれ来る過疎の時代と少子高齢化社会を想い、50年後100年後の県政を見据えて自治を司さどれるような知事(リーダー)を、誰一人として排出できてこなかった証である。
今後、この自治体にとって高齢者ドライバーによる交通事故増加は、必ずや頭痛の種になるであろう。


ついでに言い及べば、この県は、かの怪物政治家中曽根康弘を選出し続けてきている。

その中曽根氏と、読売の正力松太郎氏が中心となり、我が国にウランが運び込まれ原発政策が履行されてきたのは、既成の事実である。

福島第一の事故の後、原発政策について問われた中曽根氏、

「反省も謝罪の必要もない」

そう、明言されておられる。

かたや相棒の正力氏の舎弟、読売新聞社長渡辺恒雄氏が、震災後電力不足でプロ野球(特にナイター)の開催が危ぶまれた折、

「東京ドーム(巨人戦)のナイターは、金融機関非常時用に都内に2台ある発電装置付きトラックを借りてきて試合を行う」

そう、宣言し流石の談合仲間、他大手新聞メディア各位からの批判にあい見解を撤回した事、この顛末だけは筆者生涯忘れず胸に刻み語りついで行こうと決めている。


有能を謳われた過去の敏腕記者の、老いと権力呆けによる末期の姿の公害ぶりをである。


新聞つながりでいまひとつ、今年1月25日スイスでの世界政治フォーラムにて国際俳優、渡辺謙氏が行ったスピーチのうち、原子力依存社会への決別を述べた部分を削除し全文を掲載しなかったのは、読売、朝日、毎日、日経、産経などの日和見一流新聞各社であった。


唯一全文を掲載した大手新聞社は、

{東京新聞}

だけで、あったそうである。(筆者、鹿砦社刊{紙の爆弾}2012年4月号記事よりその内容拝借)


過日、「沼田市の瓦礫処理拒否」
に、まつわる東京新聞の記事を閲覧するよう指示を下さったこのブログの読者様、

「情報ありがとうございました」


さっそく、昨日今日調べてみたところ、財政難(?)の沼田市は、市内から出るゴミの処理能力はその限界を超えており今年度より民間の処理機関への委託を契約済みではあるようです。
真実がどこにあるか、少々眉つばと感じた筆者。
今少し情報収集してみる考えであります。

{実るほど頭を垂れる稲穂かな}
 みのるほどこうべをたれるいなほかな

とは、年輪を重ねるにつれ、謙虚であれよと、先人から伝う戒めのことだまである。


筆者遭遇の、

{逆走老女}

はたまた、

「読み捨て。あっ、言い間違えた!」

読売新聞の渡辺恒雄氏、中曽根氏しかり、

昨今、その人生の晩期に自ら汚点を残そうとなさる皆さまの闊達な日々の振る舞いを見る限り、謙虚なんぞと言う精神とは、未だ無縁の人生とお見受けする。
まさか、

「まだまだ人生これからでぃ」

なんて、お考えでおられるのであらば、

「どうぞご勘弁賜りたい」

と、考えるのは、筆者だけであろうか?


筆者、そんな事おもいつつ、再び馬場川の蕾だけの桜木に視線を移す。

蕾と言えば、筆者の職場にも青い蕾がふたつある。

定時制高校に通う三年生の男の子がふたり。

肉屋の厨房の仕事は、決して楽な物ではない。

だが、二人は共に明るくそして常に前向きである。


きつい肉体労働を終えた、その足で夜間の高校の授業を受けるのは大変な事と思う。


数日前、雑談の流れからスマホで、You Tube上の

「asr社 太平洋の放射能汚染図」を、彼等と一緒に観た。

2分程で我が国が流し続けるかの汚染の流布が一目了然の代物だ。

観終えたあとに、A君がぽつりと呟いた。

「俺、出来る事なら日本人やめたいですよ」

確か、筆者肉切りの機械の作動させた刹那であったと思う。

大抵の場合、なんであれ筆者言葉を返すのであるが、この時ばかりは何も返してあげられなかった。

感受性豊かな未だ17歳。

そのまな板を洗いながらの彼の瞳に、わずかだが、透明の滴の存在が見て取れた。

意地汚い輩ばかりが、我がままを言い続ける、嫌な世の中である。


最近の若者は、打たれ弱いなどと世間は言うが、筆者そうは思わぬ。

現に、ここには酒も煙草もやらずにこつこつと真面目に生きる若者がいるのだ。

筆者からすれば、それだけで偉い。

ここ一年、薄汚い輩達ばかりを見ているせいか、筆者には、かれらが、


はきだめに降り立った鶴のように映るのである。










  1. 2012/04/10(火) 13:01:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

机上の偽論

PICT0001_20120403140247.jpg

群馬県沼田市西倉内町交差点。
天正9年(1581)、今からさかのぼる事430年。
この年、沼田城主となった真田昌幸は写真左手にあったとされる城門を背に、自ら巷を歩みその街割を再考し信州真田の庄より帯同してきたその有能な人々に、適材適所の商いを起こさせこの城下町を城下一体崇高な要塞へと誘った。


元来、城下町の路地の狭さには、意味がある。
狭い路地街道では、敵が多勢で槍を振るいにくく、その狭い路地を知りつくした者達と街路が一体となって攻め入る敵達の砦となるのである。


今、この写真の街道の南側50メートル程の辺りを東西に走る、国道120号の拡張工事が進行中である。
道幅と歩道を拡張する為、なのだそうだ。
ただし、その拡張工事の為に、江戸中期から末期に建造された商家所有の蔵や、明治期に江戸の深川芸者を連れて来て同様の商いを起こした商家の建物などが瓦礫となり、古へと我々の眼を誘う物達の大半が消失してしまった。
そして、この城下町が、城下町であった事を物語る為の、最後の砦である意味深い狭い街道も、もう半分程消滅してしまっている。
かの、倉敷や金沢などは、街ぐるみで古の姿を後世に残そうと様々な条例などを制定し、見事な観光立国となっておられる。

{道幅を広げれば、車はするりと走り去って行くだけではないか!}

筆者は、そう思うのである。

そして、既にこの問題の拡張工事中の国道を迂回する為の、便利な四車線道路が沼田インターチェンジの所までは完成しており交通量の緩和は十分なされている。


こんな事に、血税を注ぐなら、市内主要な街道商店街部分に屋根でも付けて、ついでに太陽光でも取り付けて車両進入禁止にし、利用者が夏まつり期間以外皆無に近い沼田公園に駐車を促し、市内商店街を特例で平日TAXFREEにでもして官民一体で街の活性化に勤しむなんぞは、如何であろうか。


世田谷の「ぼろ市」よろしく、リサイクルショップばかりが出来ている市郊外の状況を思えば、2カ月に一回程度街を車両通行止めにして、誰でも参加できる自家用車持ち込みそのまま所有物販売型の、フリーマーケットの開催等も悪くないアイデアではないかと、思うのではある。
昨年来、この沼田界隈の大手中小製造業各社の工場などのリストラは、相当に深刻の様相であり、子育て世代の世帯主の失業と再就職難は、スーパーなどでの主婦達の会話のなかに常に聞く事ができる話題となっている。

この街のリサイクルショップ何軒かを見て回れば、この国の被搾取者達の日常が見て取れる。


政府、経団連諸氏は、ただただ未だ経済成長を唱えて止まない。

福祉と税の一体改革などと増税を画策し、挙句現役世代の激減社会に納税額の減少阻止のためと定年を60歳から65歳への引き上げなどとまで言い出す始末。

官僚諸氏は、日々机の上だけで我々の稼ぎの上前の上手な撥ね方とその上手なはぐらかし方の創作に修身である。

別に、彼等は、上手に米や野菜が作れるわけでもなく、造られた商品を受け取った巷の人々に、感動や至福感を与えられる訳でもなく、彼等が日々机上で生み出し続ける条例やら法律やらは、我々納税者にとっては唯の苦痛のみなのである。

だが、そんな彼らの収入は、ドイツフランス等の同官僚の2倍以上。

この国の政治家先生達の歳費に至っては、大凡5倍なのである。


因みに、群馬県沼田市議会議員諸氏の議員歳費は、年386万円。
ボーナス125万円。
政務調査費年間12万円。
合算すると523万円である。

{おお!意外にリーズナブル}

そう、お思いになった方多数とは、思う。

が、しかし彼等の定例議会は、
 3月に20回
 6月に10回
 9月に20回
12月に10回
 計  60日


付帯の委員会が毎月1回の年12回のみ。


すなわち年間72日の議員活動での収入が523万円なのであり、それを登庁日数の72で割れば、
あらま日給72000円となるのである。


世襲職業議員撲滅の為、同議会は2期以降は、立候補不可。

フランスのように、群馬も市議会議員と県会議員の兼任。

納税者の傍聴推進目的として、現在平日開催の議会の毎週土曜日曜開催への移行。

土日開催型で、誰でも議員になれ根本的に一期離職を促し議会の活性化を図る。


現在21議席の沼田市議会を、せめて早急に11議席に削減。

オンデマンド放送の設置による議会の可視化。

議員歳費の登庁日数辺り10000円(何も生産しない者達の処遇として妥当と思う)。



列挙したが、もし筆者が市議会議員に立候補でもするとしたら、このくらいの議案と共にリデュースに励んで、来る過疎の時代に備えたいものである。
職業議員諸氏の反乱を伝えるために、オンデマンド放送は、有効。
未だ、沼田市議会は、音声の録音すら議長の承認が不可欠である。


「いろいろ、中傷もされるし大変なんです」

とは、筆者旧知の職業政治家婦人の台詞なのであるが、大変なのであれば今すぐに辞職いただいて構わないのだ。

そのていどの気構えの沼田市の公僕先生に、六文銭の刺繍の鉢巻きや、鎧を纏わせて{真田祭り}などと戯れて戴く為に我々納税者の血税が遣われるのは、本意とは程遠い。


その手の催し物に、時間と金を割くのなら今春市内のナショナル木材から雇用をとかれた160人の方々など、この沼田市の再就職難民の今後への橋渡しの為にでも手当願いたいと真に思う。

そしてこの街の真の公僕であらんと欲す先生諸氏がおられるのであれば、今一度机上で{真田太平記全13巻}でも熟読なさって未来への方策を練り、ついでかの真田昌幸公や、名君と謳われた真田信之公に、今のこの町の惨状の評価でも問いかけてみる事お勧めしたいものである。



  1. 2012/04/03(火) 16:59:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

渡辺哲夫

Author:渡辺哲夫
群馬県沼田市在住:「こんな過疎地に誰がした!過疎化で誰が儲けたか?」を考察し、この過疎の田舎から未来に遺すべき物を提起する。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (67)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。